【部屋が広く使える】三段ベッドを利用するメリットをリサーチ

レディ

利用しがいのあるベッド

三段ベッドですが、あるスペースに対し、天井まで有効的に空間を使えるという特徴があります。また、200キロを超える重さまで耐えられる三段ベッドや、リラックス効果や防虫効果を備える、木製の三段ベッドもあります。

記事一覧

婦人

高さや耐久性をチェック

三段ベッドがあれば、一台のスペースで3台ものベッドを置くことができますので部屋を広く使えるようになります。購入する際は耐荷重や耐震性の高いものを選んでおきたいですし、天井の高さに合うかも確認しておきましょう。

寝具

家族の人数が多い場合に

家族の人数が多く、省スペースで就寝する場所を確保したいという場合に人気なのが三段ベッドです。はしご付きの三段ベッドならシングルベッドひとつ分のスペースで、3人分の就寝場所を作る事ができ部屋を広く使う事が可能です。

寝る人

ベッドと空間

狭い居住スペースにおいて、空間を有効活用できる三段ベッドは非常に便利なものといえます。また機能のみならず、素材や配置にこだわることによってインテリアとしての楽しみもありますし、子供にとっては楽しい遊び場ともなり得ます。

男の人

非常に役立つベッド

三段ベッドに関しては、長期的に使い続けられるものがあり、利用者はたくさんいます。また、ベッドの向きを気軽に変えられたり、寝るスペースを、一人ひとり好きなように利用できたりなどから、現在人気が高まっています。

成長に合わせて使える

3段ベッド

メリットには何があるか

二段ベッドについては、古くから様々な方に使われているベッドである一方、今現在では、三段ベッドが巷で見られるになりました。三段ベッドというのは、そのネーミングからもわかるように、二段ベッドの上に、もう一台ベッドがプラスされたものになります。三人の子どもを抱える家庭においては、子どもそれぞれにベッドを与える場合、各ベッドを部屋に設置することで、スペースがたくさん使われてしまいます。ですが、三段ベッドを設置することで、ベッドひとつの空間に、ベッド三台分の空間を生み出すことが可能です。それから、三段ベッドのタイプによっては、二段ベッドの下に、キャスターがついたベッドが備わっているものもあります。スライドが行えるベッドですので、使用する時のみスライドして、使用しない時には、ベッドの真下にとどめておくことが可能です。さらに、子どもが大きくなった際、一人部屋を子どもに与えることになっても、今までのベッドを、そのままシングルベッドとして活用できるメリットもあります。このことからも、生活環境や子どもの成長に合わせ、自由自在に使い分けられるでしょう。また、三段ベッドに関しては、二段ベッドの販売数と比較すると、ショップではあまり売られていません。ただし、ネット通販では、手頃な値段のものやオシャレ感あふれるものも存在するため、インターネットを上手く活用し、自分が気になる三段ベッドを購入するのがよいでしょう。