【部屋が広く使える】三段ベッドを利用するメリットをリサーチ

記事一覧

ベッドと空間

寝る人

ベッドによる空間利用

お子さんが多いご家庭では、寝る場所を確保することは頭を悩ませる問題のひとつではないでしょうか。特に人口密度の高い日本においては、限られた広さの部屋で、できるだけ工夫をして日々生活することが求められます。そのような状況において、三段ベッドは非常に便利な家具であると言えます。狭い部屋であっても、三段ベッドであれば、たての空間を有効活用できるので、その分ほかの家具を配置したりしてインテリアを楽しむことが可能です。また必要に応じて、一段取り外し、一番下のベッドと並べるような自由な配置が可能な三段ベッドもあるので、ずっと三段の状態を保たなければならないというわけでもありません。機能面ははもちろんですが、三段ベッドは子供にとっては秘密基地のようなもの。単に寝るだけの場所ではなく、兄弟たちとコミュニケーションをとったり、遊んだりできる場所でもあるわけです。最近の三段ベッドは、冷たい感じのする鉄パイプのベッドを重ねただけのものというよりは、多様な模様や色の木材の中から自分の好みのものを選んだり、階段をいくつかのパターンで取り付けたりできるので、インテリアとしても楽しめます。また、子供の成長にあわせて高さを変えたり、本やちょっとした小物を置ける棚の役目も果たしたりしてくれます。一番下のベッドには引き出しがついていて、かなりの収納ができることが多いのも魅力です。もちろん、地震などに備えて耐震仕様になっていて、落下防止のための工夫など、子供が安全に使えるように設計されています。